大 山 寺 縁 起 絵 巻   - 目 次 -
直線上に配置
もどり かげゆホームへ
直線上に配置
各絵の物語は、現代風にアレンジしました、原文の意味を忠実に表現しているかどうか?
当時の価値観、仏教信心、浄土思想など現代では実感もなく、また想像も難しいかもしれません。
この部分は、こう表現した方が良いなど種々ご教示、ご意見いただければと幸いと存じます。

問合せは、こちら まで
 上 巻  下 巻
 1の絵 子宝を祈る時忠 13の絵 淀の渡しにて
 2の絵 寝所での夢 14の絵 東大寺での門前払い
 3の絵 男子出産を祝う情景 15の絵 東大寺南大門にて
 4の絵 鷲の攫われる・・ 16の絵 聖武天皇に仔細を報告
 5の絵 鷲の巣に・・覚明上人祈願 17の絵 相模の国へ
 6の絵 猿に助けられて 18の絵 鎌倉由井の郷の館にて
 7の絵 金鷲童子として 19の絵 大山で、不動明王と
 8の絵 金剛像に祈る 20の絵 不動明王を彫ると・・
 9の絵 良弁として出家 21の絵 不動明王の前で37日の祈祷
10の絵 子探しの旅にある時忠夫婦 22の絵 震蛇大王と対面
11の絵 奥隈川の渡し守に 23の絵 水垢離をする人々
12の絵 朽ちた館の前に佇む二人 24の絵 大山全山49院
  25の絵 当時の大山寺境内